MENU
月曜~土曜:9時~20時
祝日:9時~12時(木曜・日曜休み)
予約優先新規のお客様1日2組限定
ホームページを見たとお伝えください。
ご予約・お問い合わせ

症状メニュー

妊娠中の痛み

約50%の妊婦が腰痛を訴えるとか。

その1/3が寝返りがうてなかったり、痛みで夜寝られないなど、
強い痛みがあるというデータがあります。

妊娠中はホルモンの作用で、骨盤や恥骨結合が拡がっているので不安定となり、痛みが発生しやすくなります。

また、お腹が大きくなることで、身体のバランスが崩れ腰痛を引き起こすこともあります。

妊娠中に腰痛を起こす方は、妊娠前に腰痛の経験がある場合が多いようです。

妊娠中の腰痛には4つのタイプが

①恥骨の痛み

恥骨痛の場合、骨盤が開いている場合が多く、骨盤の矯正が基本となります。 その上で、施術を進めていきます。

②骨盤の痛み

最も多いのが骨盤(仙腸関節)が開いてしまって痛みを誘発しているケースです。

③背骨の痛み

背骨が歪んでいるタイプ。 ただし、意味も無く背骨が歪んだりはしないので、 原因を突き止め、歪みにくい身体づくりをめざします。

④お尻から太もものウラにかけての激痛

この症状が最も重く、まっすぐ立てない、寝返りがうてないなど、深刻です。

こういう方は、痛みの少ない姿勢から慎重に施術をはじめます。

お尻の筋肉が硬くなっていることが多く、
当院の整体技術がいかんなく発揮される場面です。

余談ですが、重い症状の方は個人的には非常に気合が入ります。

4つのタイプに共通しているのは いずれの痛みの場合でも、 筋肉に問題がある場合がほとんどです。
ですから、筋肉の状態を整えてから、骨格の矯正をいたします。

通院の目安

あなたのお身体の状態によりますが、通常、以下のような通院間隔になることが多いです。
あくまで目安ですので、症状によってより高い頻度で通院していただく場合もございます。
痛みの改善の為には      週2回(2週間)
その後お身体の調子に合わせて 週1回(2~4週間)
痛みは無いが安産・産後の為に 2~3週間に1回

この症状と関連する患者様の声